■雅■ miyabi~ Donburi Works~

釣りを主に陶芸などの趣味日記

2018.06 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 2018.08

××スポンサーサイト××

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

××僕のタックル××

Mrコトーさん、コメントありがとうございます。
早速ですが、この時の僕のタックルを紹介したいと思います。
PICT3128.jpg


竿・・・・・DAIWA 早春 硬調 6.1m

ライン・・・DAIWA タフロン渓流 1号

針・・・・・OWNER サクラマス スペシャル 9号

オモリ・・・ヤマワ産業 ゴム張ガン玉

目印・・・・ロックオン 目印 1.5倍

竿について・・・

実はずっとこの竿を使っていたのではなく、
この時でまだ2回目の使用でした。
それまでは、4.5mの柔めの竿を使っていました。
でも、その柔さが大物を逃す結果になる事が多々あり
長めの竿を購入するきっかけになりました。

ラインについて・・・

以前は0.125号や0.3号など、繊細な釣りをメインにしていたので
1号を使った時は、やや抵抗がありました。
しかし、40オーバーのニジを本気で狙い始めてからは
最低0.8号を使っています。
今回も1号とは言え、下流に走られていたらたぶん
バラシていたと思います。
ちなみに、穂先はチワワ、針の結びは外掛けです。

針について・・・

今回の針は、たまたまアメリカ屋で見つけて、始めて見た
ので、買ったものです。

オモリについて・・・

なんと言っても僕の渓流釣りで、一番大事にしているのは
この、オモリです。
このゴム張りのガン玉によってポイントごとにオモリを変えることが
容易に出来るようになりました。
値段はかなりなもんですが、おススメです。

目印について・・・

目印は特にこだわっていませんが、今回使ってみた感想は
なかなか見やすかったです。
ラインに結ぶだけです。
この目印なら0.125号でもラインを痛める心配はないです。


ついでに僕の熊対策
PICT3136.jpg


リーダーと一緒に行動するようになってから
熊に遭遇することが多くなり、熊対策の重要さと、熊は
何処に居てもおかしくないと言う、今までの自分の中での
熊に対する常識とのギャップを感じました。
まず、熊撃退スプレー。
これ無しでは釣りにいけません。
夏ならまだしも、秋の渓流では想像以上に、熊は人里近くまで
降りてきています。
鈴は二つ。
そして、最後の手段のナタ!
あとは、爆竹ぐらいですね。
これ以上は、特に持って行ってません。

熊に関係なく他の持ち物は
ランディングネット
ミミズ通し
針はずし
偏光グラス
デジカメ
ビニール袋
メジャー
えさ箱・・・等


これが最近の僕のタックル&持ち物です。
また、コメント下さい。
待ってます。
スポンサーサイト

××遂に夢のスーパーレインボー!!(54cm)××

nigi.jpg

10月29日
この日は妻と2人で富良野へドライブする予定だった。
しかし、滝川に到着した時にリーダーに電話してみると
遠軽方面に向かっているとのこと。
「じゃあオレもそっちに行くわ」
滝川から高速に乗り、途中でいいポイントがあったので
30分ほどやってみることに、
釣果はオショロコマが3匹。
水がとても冷たかった。
それから車で走ること30分でリーダーのいる川に到着。
リーダーを探すが見つからず、しょうがなく妻と2人で
釣りをすることに。
それまで降っていた雨もやみ、天気も良くなってきた。
最初に妻が20cmほどのニジマスを釣リ、勝ち誇っていた。
ちょっと焦りながらも自分は深みを、丁寧に探りつづけ、
チビニジ1匹と27~28cm位のニジマス1匹。
デカイのはいないのか、それとも水温が低すぎて、餌を喰わないのか、
そんなことを考えながら、ミミズ(熊太郎)を3匹に増量。
するとかすかなアタリ、すかさず合わせると、
根がかりみたいなんだけど、目印が微妙~に動いてる様な
動いてない様な・・・・・・・絶対デカイ!!
そう確信し、申し訳ないが隣でやっている妻に
「ちょっと離れてて、絶対デカイから」と退場してもらった。
5分ほどの格闘で、魚体が少しずつ見えてきた。
レッドバンド、そしてなんと言ってもあのデカイ顔としゃくれたアゴ
が見えたとき、なんともいえぬ緊張感がおそってきた。
それから数分後ようやくネットイン!
PICT3111.jpg

PICT3113.jpg

この時、今までの苦労(苦労とは思ってないけど)がすべて
このスーパーレインボーの為にあったのだと感じた。
そして強烈な胃のいたみが1時間ほど続いた。(極度の緊張のため)
リリースも考えたが、できれば剥製にしたいと思い、
キープすることにした。
PICT3122.jpg

そのあと、留辺蘂のセイコーマートまで氷を買いに行き、
荷物の中に熊撃退スプレーがない事に気づき、さっきの川に、
もどることにし、車で走っていると・・・・
また遭遇してしまいました。
PICT3125.jpg

この時期は多いです、皆さんも熊対策は忘れずに!!
札幌に着き、早速剥製の値段を調べてみると5万~6万もするので魚拓にすることにしました。
gyotaku.jpg

自分ではなかなかの出来栄えだと思っています。

今年の釣りはそろそろ終わりに近づいていますが、
次は60cmオーバーを狙っていきます。
それじゃ!

××リベンジ××

9月24日 リベンジ

この日の予定はまず尻別川本流、そしてポンクトサン川
そして最後にホームグラウンドのあの川へと決めていた。
あの川はニジマス(サイズはそこそこ)・岩魚(尺オーバー)
ヤマベ(なかなかの型)がコンスタントに釣れ、ロケーション
も最高で、今年何度も足を運んだ川です。
この日も1投目で尺オーバーの岩魚、
PICT2867.jpg

その後も岩魚、ニジマスが楽しませてくれた。
しかし、今日のテーマは・・リベンジ・・
そう、ここの上流で先週、ネットイン直前でバラシてしまったんです。
更に上流へ向かいヤマベのいるポイントへ。
やっぱりここのヤマベはいつ見ても綺麗だ。

PICT2877.jpg

PICT2879.jpg

PICT2880.jpg

PICT2892.jpg

最後のえん堤(自分達ではそう呼んでいる)近くになると
渓相は源流を思わせる様な巨大な岩と連続する落ち込みで
大岩魚の気配が増してくる、そう先週バラしたのは
岩魚だったんです。
落差のある落ち込みへエサを入れる・・・・・・
かすかだが鋭いアタリ、すかさず合わせる、動かない・・・
デカイ!!
ヒットした所から20m程下流で何とかキャッチ!

PICT3027.jpg

PICT3030.jpg

36cmの岩魚、特に大きくはないけど、心に残る1匹でした。
PICT3031.jpg

××熊との遭遇!!!××

皆さんお久しぶりです
Yちゃん元気? hitoも調子いいかい?
7月以来の更新です
あれから毎週の様に釣りに行ってます
まず、お盆休みは2泊3日で日本海をず~っと北上し
苫前をベースに色々と回って見ましたが
尺ニジ1匹とウグイ、やまべの新子だけでした。
でもキャンプとしてはとても満足のいくものでした。
PICT2778.jpg

PICT2767.jpg

ここグリーンヒルキャンプ場のいい所は、
何といっても誰も居ないと言う事です。
1泊目、2泊目共に自分たち以外1組しか居ませんでした。
でも、来年やっているかが不安です。


9月10日
この日は久しぶりにリーダーと釣りに行きました。
場所は、えりもの猿瑠川。
やまべ、アメマス狙いです。
しか~し 
20061105211945.jpg

20061105212002.jpg

20061105215624.jpg

鮭で足の踏み場がありません!
それでも、ひたすら上流をめざしました。
しかし コレといった釣果もなく(鮭は二度掛かったけど)
車に引き返す前に、一番最初に50cm位の
アメマスがいた淵へ
20061105213231.jpg

最初は0.8号(ハリス)次は0.6号と細くするたびに
魚の反応は良くなってきた。
リーダーは老眼を駆使して0.2号を針に巻いていた。
そのとき、対岸の崖から石の崩れる音
左45度、前方20メートルに体長約1,8メートルの
栗毛の熊が!
しかし、男4人に睨まれた熊は
物凄いスピードで崖を登っていった。
人生2度目の熊との遭遇だった。

××ライギョ!!!××

今日仕事帰りに某沼へ寄った。
釣りを始めてから10分ほどで強烈なアタック!
フロッグが消えたのを確認し思い切りあわせると
いつの間にかライギョがカバーに変っていた・・・。
「今日もダメかぁ・・・」
10分ほど他のポイントをチョロチョロして
もう1度さっきバラしたポイントへ。
フロッグを変えてみるが、アタックはないので
さっきバラした時と同じフロッグにして
ねばっていると、また強烈なアタック!
今度はカバーに邪魔される事無く
なんとか今年初のライギョを手にする事が出来た。
(仕事帰りだったので写真はありま~ん)

××久しぶりの作陶××

7月16日(日)今日は朝5時に起きて洗車をして
そのままライギョへ行った。
今日のライギョは活発であちこちで捕食音が聞こえていた。
ラインにも何度もアタックしてきた。
でも結局2回ばらした所で終了。
それから愛車のブレーキローターを交換。
時計を見るともう12時を回っていた。
いそいで素焼きを引き取りに行き、
いそいで釉がけをして、
yugake.jpg
いそいで本焼に行った。

dendou2.jpg
いそいで工房へ

tuchi.jpg
今日は暑くて裸でロクロ

dekadon2.jpg
次回は本焼が完成したら報告します。


raigyo10.jpg
去年のライギョ(今年はまだ釣れていない)


kuroiwana.jpg
3月に岩手で釣った黒いわな(とにかく黒かった)

××釣りの報告××

7月8日(土)PM9:00出発!
リーダーと山ちゃんを迎えに行きフィッシュランドで
餌を買い目的地へ向かう。AM1:00目的地の某川に到着。
夜明けを待って釣り開始!!
餌釣りのリーダーと僕は20cm前後の「山女魚」「ニジマス」を
5、6匹釣りさらに上流へ・・・・・
フライの山ちゃんは始め悪戦苦闘していたが徐々に
「岩魚」「ニジマス」を釣り上げはしゃいでいた♪
ふと、リーダーを見ると
78rida2.jpg
↑「ニジマス」38.5cm!
78rida3.jpg
↑すかさずリリース(やはりリーダーには敵わない(~ヘ~;))
その後も20cm~30cmの「ニジマス」をそこそこの数釣り上げ
第2の川へ向かう・・・・・
その川にある砂防ダムの上は、仲間内では
「リーダーのニジマス養殖場」と呼ばれている!
その日はざっと20匹前後の「ニジマス」が群をなして待っていてくれた。
今回初参加の山ちゃんが優先的にルアーを投げる。
20cm後半の「ニジマス」がすかさずアタックしてきた!!!しかし手前でばれた。
2投目何処からともなく今度は30cmオーバーの「ニジマス」が
ヒット!!!!!!!!!
少々強引に釣り上げた「ニジマス」は36cm。
山ちゃんの興奮は頂点に達した♪└|∵|┐♪└|∵|┘♪┌|∵|┘♪
肝心の僕は釣れなすぎて、堰堤の上から下の深みへ、ルアー竿に
ミミズを付けて入れてみた。。。。リーダーは「そこにはいないんだよね~(`ー´) クククッ」
と言って苦笑いをしていたが、見るとでっかい「ニジマス」が
ミミズをくわえているのが見えた!!合わせてみると
78nizimasu.jpg
↑35cmの「ニジマス」が釣れた。
群の中に明らかに40cmオーバーの「ニジマス」がいたが
餌にもルアーにもまったく興味を示さなかった。
たぶん次回リーダーが釣ってくれるだろう!

次回は本命の「陶芸」について報告します。
日曜日は素焼きを取りに行って釉がけして、土戻して、
本焼に持っていって、時間が余ったらライギョ行こうかな♪

××はじめまして!××

始めまして!masatoです。
ここでは僕の趣味「陶芸」と「釣り」の報告をしていきたいと思います。

今日は仕事帰りにライギョ釣りに行き
その後ホーマック(ホームセンター)に行き
明日の渓流釣りに備えて「ナタ」「虫除けスプレー」「クマ避けの鈴」
「スズメ蜂用殺虫スプレー」を購入!!!クマ撃退スプレーが
欲しかったけど売っていなかったので諦め。
ヒグマに遭遇しない事を祈り明日は夜9時には出発~
リーダーと山ちゃんと3人で行く予定。
ニジマス50cm、ヤマベ30cm、狙いで行ってきます!
明後日の報告お楽しみに!!ちなみにライギョは釣れませんでした(涙)

陶芸は9月のイベントに向けてdonburiを中心に
色々と製作していきます。
どうぞ■雅■~donburi Warks~のmasatoを宜しく!
只今HP作成中・・・・・

 | HOME | 

プロフィール

masato

Author:masato


■masato■
197×年北海道生まれ
趣味・・・陶芸、釣り、酒、
他多数ありすぎて困ってます。





人気blogランキングへ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。